ビットコイン(仮想通貨)の投げ銭システムが今後流行りそう。




ビットコインを購入すると(当サイトの場合はビットフライヤーです。)ビットコインアドレスが配布されます。ビットコインアドレスとは、お金に例えると「銀行の口座番号」のようなものです。こちらが割り振られこのアドレスは完全な匿名性がある為、「この番号を誰が所有しているか」というのは一切公開されません。そしてこのビットコインアドレスを利用すると、「投げ銭」や「仮想通取引所や管理ウォレット毎のお金のやりとり」ができます。またザイフ等であればツイッターのアカウント同士でやり取りもできます。当ツイッターアカウント(仮想通貨なび)も連携済みです。

仮想通貨なびにもアドレスが振り分けられてます。是非「お気持ち」「ご支援」頂けましたら・・・幸いです(笑)

仮想通貨なびのビットコインアドレス

34gKU8HjpnPD1WYFf87cfxa2EyqYAYWRe2

仮想通貨なびのビットコインアドレスのQRコード


投げ銭や採掘の残高を見ることも可能です。
34gKU8HjpnPD1WYFf87cfxa2EyqYAYWRe2
前述したように口座番号のようなものなので、匿名性を持ったビットコインでの振り込みが可能になります。この「投げ銭」システムを使って様々なことが行われ始めてます。

家入さんが行っているビットコインによる投げ銭クラウドファンディング 参考URL:http://bitron.jp/

などもその1つでこれからビットコインがさらに流通していくと・・・このシステムで「募金」なども行えるのでどんどん普及していくと面白いですね。




2017年4月27日
※1日1記事「仮想通貨のニュース」に対し思った・確認したことを書いてます。
※ここに書いてある事は仮想通貨取引をしてる素人的な感想です。変なこと言っててもスルーでお願いします。

仮想通貨口座開設おすすめBEST5

コメント内容

*
*
* (公開されません)