Bibox(ビーボックス)の口座開設は1分完了

Bibox(ビーボックス)の口座開設は1分完了

中国の仮想通貨取引所「Bibox(ビーボックス)」の口座開設の仕方を解説します。Bibox(ビーボックス)は昨年大人気の中国の取引所「BINANCE(バイナンス)」とほぼ同様の仕組みの取引所です。特にBIXというBibox(ビーボックス)発行の通貨を使うことで手数料が50%OFFになるという点も一緒なので姉妹サイトみたいに見えてしまいますが、新進気鋭の取引所はいきなり資金流入が起こる為、Bibox(ビーボックス)の口座開設はしておいた方が良いかと思います。

Bibox(ビーボックス)で口座開設

Bibox(ビーボックス)の口座開設の手順

まず、Bibox(ビーボックス)の公式ページにアクセスします。Bibox(ビーボックス)の場合、いきなり登録画面です。

まず、中国の取引所のサイトなので、ページをブラウザについてる翻訳機能で翻訳しましょう。多少、変な日本語になりますが大体の意味が分かればいいと思います。上から順に、「メールアドレス」「パスワード」「パスワード確認」を記入します。たった3項目というのも凄い手軽過ぎて逆に怖いくらいです。最後に「確認するボタンをクリックします」を押します。先ほど記載した「メールアドレス」にメール認証の為のメールが送信されます。

BINANCE(バイナンス)」と同様のロボットチェックパズルが立ち上がりキチンを合わせ認証します。すると先ほど記載した「メールアドレス」にメール認証の為のメールが送信されます。

中国語のよくわからないメールですが認証先のURLが、bibox.comなので問題なく認証します。

この時点で既にBibox(ビーボックス)の口座開設は完了です!

管理画面もバイナンスと変わらないので、あとはほぼ同じ要領で取引までできます。

Bibox(ビーボックス)で口座開設

Bibox(ビーボックス)の出金制限

こちらも「BINANCE(バイナンス)」と同様で、初期段階では1日最大2BTCまでと制限されています。

パスポートにて本人認証を行うと1日最大30BTC。それ以上は問い合わせる形になります。初期段階では問題ありませんが、本人認証まで行っておくと良いと思います。

Bibox(ビーボックス)で口座開設

Bibox(ビーボックス)の二段階認証

管理画面の設定項目5個の内、下から二番目の「Two-factor Authentication」を選択します。

二段階認証の設定は海外取引所を利用している方であれば、もう慣れましたよね?(笑)「Google Authenticator」を利用している方は上記のような画面になります。いつもどおりQRコードを読み込み6ケタの数字を記入します。また、この後、SMS認証の設定を行おうと思ったのですが、エラーが生じてます。「電話番号の形式が正しくない」と出るので問い合せ中です。

Bibox(ビーボックス)で口座開設

Bibox(ビーボックス)での取引画面

現在、担当が取引をする為送金しています。今しばらくお待ちください。

Bibox(ビーボックス)で口座開設

Bibox(ビーボックス)の取り扱い通貨

BIX,GTC,ETH,LTC,BCH,ETC,TNB,EOS,CMT,BTM,PRA,LEND,RDN,MANA,HPB,SBTC,ELF,MKR,ITC,MOT,GNX,CAT,SHOW,AIDOC,AWR,BTO,AMM,WAX,C20,SNOV,BLT

Bibox(ビーボックス)で口座開設

仮想通貨口座開設おすすめBEST5

コメント内容

*
*
* (公開されません)