ICO

ICOとは?儲けられるのかリスクなのか。

投稿日:2017年5月9日 更新日:


仮想通貨のICOとは

株でいうところのIPOに近いものです。IPOとは株でいうところの「新規上場株式」のことで、株を投資家に売り出し、証券取引所に上場し、誰でも株取引ができる(銘柄)にすることをIPOといいます。仮想通貨の場合は、ICO(Initial Coin Offering)と呼び、株と同じく通貨を投資家に売り出しますが、仮想通貨の場合は、一般に取引所に公開される前に目標金額を設定し資金(投資)を募ります(クラウドファンディング)。その投資された資金への見返りが通貨になり、その通貨のことを、「未公開仮想通貨(要は新規上場通貨※1」と呼び、この未公開仮想通貨を買う事(プレセール)を、「ICO」と言います。

ICOは儲けられるの?

今の段階では「確実に儲かります!」としか言えません。
なぜなら今年(2017年)に入ってからもICOされた仮想通貨は多々ありますが・・・未だに元本割れ(要は公募割れ※2)が1件もないからです。今後はわかりませんが・・・現時点では儲からない方がおかしい!状態です。

ICOはなんで儲けられるの?

仮想通貨で儲けるコツは、「如何に安い値段の時に購入し、高い値段の時に売るか」です。ICOはICOされた通貨の世に出る前の最安値で購入することができます。1番安値で仕入れられるわけですから、そこから世にでて資金が入ってくると通貨の価格が上昇します。この上昇時にICO以外で購入した方はスタートですが、ICO時に購入した方は、既にゴール(利確)することも可能です。勿論、それぞれの通貨に魅せられ出資するっていう形態が前提なので、長期保有も当然1つの選択肢です。短期で持っても、長期で持っても、最安値で仕込めるICOを逃す手はないと思います。

今後のICOとそのリスク

現在は100%元本割れせず来ているICO。いずれはどこかで集まらなくなると思います。
ICOのリスクとしては、「資金が集まらず予定よりも低価値で始まる(株でいうところの公募割れの状態)」か、「返金されて何もなかったことになる」の2択です。ただし、最悪のケースで資金を集めていた業者がトブケースもでてくるかもしれません。現在は本当に1件もないんですよね。だからICOのリスクやデメリットは全く見当たらないんですwwこれが「1件目のリスク」が出てきたとき、どうなるかはその時次第だと思います。今後「ICOの初公募割れ」が起きた時にどういったことが起こるか、その時に追記したいと思います。

※1 上場する証券所がないのでこの場合は、投資家が取引できる場という意味
※2 仮想通貨の場合は、公募ではなく目標金額です。


国内で新規登録可能な仮想通貨取引所

2018年8月1日現在、国内で新規に口座開設可能な仮想通貨取引所と国外の仮想通貨取引所を徹底比較。一覧や補足で見やすくしてみました。口座開設の際の参考にしてみて下さい。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの6つの通貨をトレードできる仮想通貨取引所。スマホアプリも提供しているので外出先からでも簡単トレード可能です。 信用取引 :- 先物取引 :◯(20倍)

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨FX・売買サービス、GMOコインです。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実でアプリでも取引できるのでいつでも安心・安全にお取引いただけます。 信用取引 :- 先物取引 :-

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコインやQASHなどの多くの仮想通貨の売買ができる仮想通貨交換業者です。セキュリティ対策もしっかりしているので安心して利用できる取引所です。 信用取引 :○(25倍) 先物取引 :-

-ICO
-, ,

Copyright© 仮想通貨なび , 2018 All Rights Reserved.