仮想通貨 仮想通貨取引所 仮想通貨用語集

新型iPhone発売前に知っておきたい機種変更時の二段階認証の注意点

投稿日:

みなさん仮想通貨取引所にログインする時の二段階認証を忘れずに設定していますか?

2017年から仮想通貨トレードをはじめた方であればもう慣れているかもしれませんね。

でも、普段あまり聞き慣れない言葉ですよね。大切な仮想通貨を不正なログインや盗まれたりすることを防ぐために自己防衛として必要なとても重要な設定です。

二段階認証とは

ここで二段階認証を改めて説明したいと思います。二段階認証は通常のIDとパスワードによる本人の確認に加えて、専用のアプリを通してセキュリティコードによる確認を行うことで、より安全にログインするための仕組みです。

二段階認証は専用のアプリを通してユーザーと仮想通貨取引所しかわからない数字を設定します。その数字は一定時間が経つと更新され前に表示されていた数字では一致しなくなります。

つまり

「IDとパスワードだけではあなたじゃないかもしれないので秘密の数字を確認する」

それが二段階認証なのです。

■二段階認証のイメージ

二段階認証で守られること

二段階認証をしてない場合


二段階認証を設定してない場合、上記のイラストのように仮にIDとパスワードを盗まれてしまったり、容易に想像できるパスワードで発見されてしまった時あなたになりすまして取引所にログインできてしまいます。

二段階認証をしている場合


二段階認証を設定していて仮にIDとパスワードを知られてしまった場合、イラストのようにIDとパスワードによるログインは成功しますが二段階認証の数字を求められます。

この数字は専用のアプリでかつ、設定時にそのアプリとのみ紐付いているのでユーザーのアプリでしか数字を一致させることは出来ません。そうすることでハッカーなどの不正なログインを予防するのです。

二段階認証の設定方法

二段階認証のアプリはいくつかあるのですが、みなさんほぼ「Google authenticator」を使っています。これはGoogleが提供しているアプリで、仮想通貨取引所だけでなく二段階認証に対応しているサイトすべて利用可能です。

仮想通貨取引所以外で二段階認証設定できる代表的なもので言いますと、Twitterやアマゾンなど海外のサービスではほぼ対応でしています。

1.二段階認証用のアプリをダウンロードします

二段階認証を設定するためのアプリをダウンロードします。

これはGoogleが提供している「google authenticator」というアプリです。

iPhone版、アンドロイド版両方用意されているのでお使いのスマホに合わせてストアからダウンロードしましょう。

2.仮想通貨取引所の二段階認証の設定を行います
各取引所によって名称が違う場合がありますが、マイページのセキュリティのページに「二段階認証の設定」や「2FA」という記載がある項目で設定します。

そこで、さきほどダウンロードしたGoogle authenticatorを起動し、QRコードを読見込んで紐付いた数字を入力すると設定が完了します。

完了後はログインするたびにこの二段階認証で表示される6桁の数字を入力しログインするようになります。

仮想通貨取引所によってはwithdrew(出金)時に要求するように設定できるところもあるので、ログイン以外にも二段階認証を要求されるようにしておきましょう。

【重要】機種変更時の二段階認証の注意点

Google authenticatorはiPhoneやAndroidを機種変更する時に気をつけないといけない点があります。

それは

「スマホを機種変時にバックアップからGoogle authenticatorは復元することができない」

です。

例えば、iPhoneでは機種変更を行った際に、iCloudから今までの設定を引き継いですぐに利用可能になるのが便利ですよね

今までの写真やLINE、ゲームのデータ等も元通りになります。

しかし、Google authenticatorはそうならないのです。アプリは入っています。

でも、iPhoneの復元終わってGoogle authenticatorのアプリを開いてみると今まで登録していた数字が消えているのです。

これはGoogle authenticatorの仕様の関係でバックアップされないのです。

なので気をつけないければいけないことは、

「Google authenticatorの設定を新しい端末に移行完了するまで今までの端末をリセット(初期化)してはいけない」

のです。

新端末に設定が移行しないまま、今までの端末を初期化すると取引所にログイン出来なくなってしまうからなんです。

iPhone機種変更時の二段階認証の再設定方法

iPhone機種変更時に絶対忘れてはいけないのは

「二段階認証の設定を再設定するまで前のiPhoneはリセットしない」

です。

二段階認証を機種変更で新しいiPhoneに移行する方法

1.今までの端末で取引所に二段階認証してログインする

2.二段階認証の設定を解除

3.新しい端末の二段階認証アプリで新たに二段階認証を設定

このステップを各取引所毎に行います。特にこの設定方法は一度二段階認証を解除するので新しい端末と今までの端末が揃っている状態で再設定することを強くおすすめします。

機種変時に二段階認証の引越は必須

いかがでしたか?二段階認証って普段聞き慣れないですし、少し面倒くさく感じるかもしれません。

しかし、この設定を怠っていることで大事な仮想通貨を盗まれるリスクが高まるのです。

各取引所はセキュリティ対策を行っていますが、完璧な取引所はありませんし、取引所も二段階認証の設定を強く薦めており、設定してない場合の取引を制限するところも増えてきています。

仮想通貨取引所は銀行ではありません。自分の仮想通貨を守るためにも二段階認証は機種変時にもしっかり引き継ぎ作業を行いましょうね。

国内で新規登録可能な仮想通貨取引所

2018年8月1日現在、国内で新規に口座開設可能な仮想通貨取引所と国外の仮想通貨取引所を徹底比較。一覧や補足で見やすくしてみました。口座開設の際の参考にしてみて下さい。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの6つの通貨をトレードできる仮想通貨取引所。スマホアプリも提供しているので外出先からでも簡単トレード可能です。 信用取引 :- 先物取引 :◯(20倍)

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨FX・売買サービス、GMOコインです。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実でアプリでも取引できるのでいつでも安心・安全にお取引いただけます。 信用取引 :- 先物取引 :-

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコインやQASHなどの多くの仮想通貨の売買ができる仮想通貨交換業者です。セキュリティ対策もしっかりしているので安心して利用できる取引所です。 信用取引 :○(25倍) 先物取引 :-

-仮想通貨, 仮想通貨取引所, 仮想通貨用語集
-, ,

Copyright© 仮想通貨なび , 2018 All Rights Reserved.