みんなのビットコイン 仮想通貨取引所

ハイレバレッジが魅力!みんなのビットコインの特徴と口座開設の方法

投稿日:2018年3月9日 更新日:

仮想通貨の取引ができる、みんなのビットコインはご存知でしょうか?いくつかの特徴から、これから口座を持ってみたいと考えている人も多い取引所。そんなみんなのビットコインについて、メリットとデメリット、そして口座開設の方法までご紹介します。

みんなのビットコインとは

みんなのビットコインとは日本国内の仮想通貨取引所です。トレイダーズホールディングスの子会社で、関連会社には「みんなのFX」や「みんなのシストレ」を運営するトレイダーズ証券があります。

みんなのビットコインの運営会社概要

会社名 みんなのビットコイン株式会社
所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町一丁目10番14号 住友東新橋ビル3号館7階
代表 代表取締役 伊藤 誠規
設立年月日 2016年12月15日
資本金 1億3千万円
事業内容 仮想通貨の販売・交換

トレイダーズホールディングスが仮想通貨取引事業者として、単独で設立した会社ですが、グループで見るとJASDAQ上場企業であり、ほかの金融商品を取り扱っている実績もあるためじゅうぶんに信頼できる事業者でしょう。金融商品ほど信頼性が大切になるケースはありません。信用できない人にお金を預けるのが怖いのと同じように、信用できない事業者に仮想通貨を預けるのは怖いものです。

数万円なら問題ないのですが、数十万円から、時には数百万円を預けるとなると、やはりしっかりコーポレート・ガバナンスが整い、監査基準をクリアし、セキュリティも強固な会社でなければいけません。みんなのビットコイン社は、グループ全体からもわかる通り、じゅうぶん信頼できる事業者だといえるでしょう。

現在はみなし仮想通貨取引事業者の状態

みんなのビットコインは信頼できる会社であることに違いないのですが、一点気になる点を挙げるとすれば、まだ「みなし仮想通貨交換事業者」であることです。もちろん金融庁に申請は終えているのですが、現在進行系で審査中というわけなんですね。取引自体になんら影響はないのですが、まだ完全には金融庁からのお墨付きはもらっていないということ。じきに審査を終えて登録事業者になるはずですが、どうしても「みなし」であることが気になる人の中には、避けておくのもリスク回避になるかもしれません。

みんなのビットコインの特徴

みんなのビットコインに関する5つの特徴をご紹介します。

  1. 仮想通貨取引所の形態であること
  2. QUOINEXとの業務提携をおこなっていること
  3. 取扱いのある仮想通貨は3種類であること
  4. 2種類の仮想通貨でレバレッジ取引ができること
  5. 手数料に特徴があること

この中でとくに注目しておきたいのは、QUOINEXとの業務提携と2種類の仮想通貨でレバレッジ取引できることの2つです。

①みんなのビットコインは仮想通貨取引所

みんなのビットコインはたくさんの人が集まり、仮想通貨の取引場所を提供している「仮想通貨取引所」です。つまりZaifやGMOコインなどの、事業者と直接仮想通貨の売買をおこなう仮想通貨販売所とは違うということですね。市場で直接売り買いできるということは、うまく運用すればスプレッドと呼ばれる売りと買いの差額を抑えられるということ。販売所ではスプレッドに実質の手数料をプラスした金額で取引されるため、どうしても割高になってしまうのです。みんなのビットコインでは、時と場合にもよりますがスプレッドを抑えやすいことが特徴といえます。

②QUOINEXとの業務提携をおこなっている

QUOINEXとは世界の中でも、トップクラスの大手仮想通貨交換事業者です。現在ではシンガポールから、仮想通貨大国と呼ばれる日本に本社を移しています。そしてQUOINEX社で特筆すべきなのが、所有しているシステムのすごさ。そのシステムを業務提携により、流用して使っているみんなのビットコイン社もすごいということですね。具体的には大量の約定を処理でき、決済速度が非常に早いことが特徴です。
>>QUOINEXの口座開設はこちら

③取り扱いしている仮想通貨の種類

みんなのビットコインで取引できるのは次の3つです。通貨ペアや取引条件についても合わせてご紹介しておきます。

  ビットコイン(BTC) イーサリアム(ETH) ビットコインキャッシュ(BCH)
取引通貨ペア JPY、USD、EUR、AUD、SGD、HKD、CNY、IDR、PHP、INR JPY、BTC、USD、EUR JPY、USD、SGD
注文/約定時間 24時間365日 24時間365日 24時間365日
注文種類 成行、指値、逆指値注文、トレール注文 成行、指値、逆指値注文、トレール注文 成行、指値、逆指値注文、トレール注文
取引単位 0.01BTC 0.01ETH 0.01BCH
取引数量の上限 1時間内で500BTCまで 上限なし  
最小発注数量 0.01BTC 0.01 ETH 0.01BCH
最大発注数量 100BTC 1,000ETH 100BCH

注目しておきたいのは、たくさんの法定通貨で注文できることですね。大半の取引所は、非常に少ないペアでしか決済できないのです。

④BTCとETHのレバレッジ取引ができる

みんなのビットコインでは、BTCとETHの2つの仮想通貨でレバレッジ取引が可能です。
ほとんどの取引所や販売所では、レバレッジ取引がビットコイン(BTC)のみですから、イーサリアム(ETH)も取引できるのは貴重だといえるでしょう。
しかもレバレッジ量は2倍, 4倍, 5倍, 10倍, 25倍と豊富に準備されていますから、多種多様な取引ができるのも特徴です。

⑤手数料について

みんなのビットコインは手数料の安さも魅力。ただし全部が安いというわけでもないので、しっかりと把握しておきたいところです。

口座開設手数料 無料
口座管理料 無料
取引手数料 BTC/JPY:0円(無料)

BTC/JPY以外:約定金額の0.25%

日本円入金 ユーザー負担(銀行所定額)
日本円出金 500円(内税)
仮想通貨入金 無料
仮想通貨出金 無料
スワップ 買い:変動
売り:0.05%固定

無料であることが多いのですが、BTC以外の場合は思ったよりも安くないので注意が必要かもしれません。

みんなのビットコインのメリット

みんなのビットコインのメリットは次の5つです。

  • 最大で25倍ものレバレッジ取引が可能なこと
  • 取引スピードが非常にはやいこと
  • ビットコインの手数料が安いこと
  • セキュリティが強固なこと
  • サポート体制が優れていること

それぞれのメリットを説明していきますね。

最大25倍のレバレッジ取引が可能

先ほども出てきましたが、みんなのビットコインではビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)と2種類の通貨でレバレッジ取引が可能です。それだけにとどまらず、業界で最大の25倍というハイレバレッジで取引できるのがメリットといえるでしょう。かんたんに言うと、10万円あれば250万円分の仮想通貨取引ができるということ。つまり少ない金額で、場合によっては非常に大きな利益をあげることも可能ということですね。

もちろんリターンが大きいということは、その分ちょっとした変動で元金(証拠金)が吹き飛ぶ恐れもあるということ。それこそハイレバレッジで相場が大きく動いた時には、ものの数分で溶かしてしまうなんてこともあります。もちろんぼくも溶かしたことがありますよ(笑)お風呂に入って、上がってきたらもう吹き飛んでた、みたいな世界です。当然その逆もあって、寝て起きたらとんでもないくらい儲かっていたことも経験しました。おもしろいけどハラハラする。そんな取引です。

取引スピードが非常にはやい

こちらも先ほど出てきましたが、QUOINEXのシステムを採用していることで、毎秒100万件以上と決済処理がとても早いのがメリット。近年プログラムによる自動的なシステムトレード(HFT)が普及していますが、そのようなプログラムによる1秒で数千回という取引量にも対応できるということ。高負荷で止まる、なんて心配がないのは大きなアドバンテージです。

ビットコインの手数料が安い

みんなのビットコインで注目しておきたいのは、ビットコイン関連の決済手数料が無料であることです。手数料は安ければ安いほうがいいので、これはメリットですね。

セキュリティが強固で資産を守る

セキュリティが強固なことは非常に重要です。仮想通貨が不正アクセスで盗まれる事件が繰り返されている今、みんなのビットコインの高いセキュリティはメリットだといえます。

  • 顧客資産と運転資金の別管理
  • コールドウォレットによるオフライン管理
  • ユーザーアクセスも2段階認証で万全
  • 口座の安全監視

このような特徴から、強固に資産が守られているのはみんなのビットコインの強みです。グループ会社の金融商品サービスのノウハウが活かされている、ということですね。

サポート体制が優れている

これは初心者の方向けのメリットですが、メールによるサポートがとても充実しています。いざという時に助けてもらえるサポートセンターは、不慣れな方にはとても頼りになる存在でしょう。

みんなのビットコインのデメリット

みんなのビットコインにはメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。どんなサービスや商品にも、必ずいい面と悪い面の両方が存在するもの。みんなのビットコインのデメリットは次の3つです。

  • 取引できる仮想通貨の種類が少ない
  • BTC/JPY以外の手数料が非常に高い
  • スマホアプリに対応していない

取引できる仮想通貨の種類が少ない

みんなのビットコインの取扱いはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETF)、ビットコインキャッシュ(BCH)の3つのみ。今ではアルトコインの人気も高まり、多くの通貨を取り扱っている取引所も多いですよね。そんな中で取扱いが3種類しかないのは残念で、デメリットにほかなりません。これからアルトコインの取扱いが増えることに期待したいですね!

BTC/JPY以外の手数料が非常に高い

ビットコインと日本円での取引に手数料はかかりませんが、それ以外の取引にはすべて約定金額の0.25%の手数料が発生します。0.25%という数字は、ほかの取引所の手数料と比べても決して安くはないため、イーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)で取引を重ねたいデイトレーダーさんには向いていないかもしれませんね。

スマホアプリに対応していない

Web版のできがよいため、そこまで問題にはならないのですが、専用のスマホアプリがないのはデメリットの一つでしょう。スマホでアプリをワンタップで開く、なんてことができないのは、相場が激しく揺れている時にはストレスになる恐れがあります。

みんなのビットコインの口座開設方法

みんなのビットコインの口座開設は5分で終わります。
1.トップページから「口座登録(無料)はこちら」をクリック。

2.個人を選択。法人の場合は法人をクリックしてください。

3.メールアドレスとパスワードを設定し、チェックボックスをチェック。

4.表示された欄をすべて入力。

5.すべて入力後「次」をクリック。

6.入力情報に誤りがないか確認し「次」をクリック。

7.メールを確認し、リンクをクリック。

8.「sign in」をクリック。

9.ログインします。

10.左上のハンバーガーメニューをクリック。わかりにくいので注意。

11.メニューの中から「設定」をクリック。

12.プロフィールをクリック。

13.本人確認確認書類をアップロード。

これで口座登録作業は完了です。おつかれさまでした。あとは審査が終わるまで待ちましょう。早ければ数日以内で連絡があるはずです。

みんなのビットコインの解説まとめ

みんなのビットコインは、JASDAQ上場企業であるトレイダーズホールディングスの子会社が提供する「仮想通貨取引所サービス」です。もともと金融に強い会社が運営しているため、信頼性やセキュリティは万全。QUOINEXと業務提携をしていることから、システムもそのまま採用しており、非常に早くて安定していることが特徴。また小さな取引から、最大で25倍のレバレッジ取引まで幅広い取引に対応しているため、初心者の方から中上級者まで満足できるサービスでしょう。

国内で新規登録可能な仮想通貨取引所

2018年8月1日現在、国内で新規に口座開設可能な仮想通貨取引所と国外の仮想通貨取引所を徹底比較。一覧や補足で見やすくしてみました。口座開設の際の参考にしてみて下さい。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの6つの通貨をトレードできる仮想通貨取引所。スマホアプリも提供しているので外出先からでも簡単トレード可能です。 信用取引 :- 先物取引 :◯(20倍)

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨FX・売買サービス、GMOコインです。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実でアプリでも取引できるのでいつでも安心・安全にお取引いただけます。 信用取引 :- 先物取引 :-

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコインやQASHなどの多くの仮想通貨の売買ができる仮想通貨交換業者です。セキュリティ対策もしっかりしているので安心して利用できる取引所です。 信用取引 :○(25倍) 先物取引 :-

-みんなのビットコイン, 仮想通貨取引所
-, , , , , , , , ,

Copyright© 仮想通貨なび , 2018 All Rights Reserved.