bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設!信頼度が1番ある安定の取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設!信頼度が1番ある安定の取引所です。

現在、仮想通貨取引所開設数・信頼度No.1のbitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順をご紹介します。業界の中で1番安定している取引所で昨今の仮想通貨業界のゴタゴタで、ビットコインの取引量だけではなく信頼度もNo.1です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)とは

会社名 株式会社bitFlyer
設立 2014年1月9日
事業内容 仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業
資本金 41 億 238 万円(資本準備金含)
代表取締役 加納裕三
取締役 CTO 小宮山峰史
本社所在地 〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
登録 仮想通貨交換業者登録(登録番号 関東財務局長 第00003号)
主要取引銀行 三井住友銀行
会計監査人 新日本有限責任監査法人
株主 加納裕三、小宮山峰史、国内・海外ベンチャーキャピタル、国内事業会社

日本でビットコインの取引量が1番多い仮想通貨取引所です。他の取引所と比べビットフライヤーは2014年頃設立の新しい会社ではありますが、三井住友、みずほ、三菱UFJ等、大手銀行や大手の会社から出資を受けており、その資本力は日本NO.1と言っても過言ではありません。資本力があるということは、仮想通貨における「信用が高い」ということです。ですので、初心者の方で初めて仮想通貨の取引ではビットフライヤーを利用する方が多いです。

ビットフライヤーでは「ビットコインを使う」ことができるショッピングモールや、楽天と提携していてビットコインが貯められる「ビットコインをもらう」サービスがあり、サービスの充実度から人気があるのかもしれません。アカウント開設は、Facebook・YahooID・Googleアカウント・メールアドレスのみで作れるのも手軽さと人気の理由です。

取引量が多いと流動性が上がる

取引量が多いということは流動性が高いということ。流動性が高いと、売りたい人と買いたい人が多くいるため、決済が早くなりやすいのです。

たとえば流動性が低いほかの取引所の場合、下げ相場で売りたくても買い手がいないためになかなか決済ができない、なんてことはしょっちゅう発生します。つまり売りたい時になかなか売ることができずに、思ったよりもかなり低い価格になりやすいのです。反対に買いたい時に取引がなかなか成立せず、思ったよりも高い金額で掴まされてしまうことにもつながります。取引の速さが遅くて大損をするなんて、想像するだけで身震いしちゃいそうですね。

そしてbitFlyer(ビットフライヤー)は利用者が多いため流動性が高く、ほかの取引所よりも早く決済できることが大きな強み。あまり気にしている人はいませんが実はとても重要なんです。ビットフライヤーの利用者は毎日どんどん増えていますから、その分ほかの取引所よりもどんどん優位になっている、ということなんですね。

これが「最初に口座を持つならビットフライヤー一択」と言われる理由です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

組織の信頼性がほかの取引所とはレベルが違う

bitFlyer(ビットフライヤー)の資本金は桁違いの41億円超で出資者は次の通り。

  • 株式会社ベンチャーラボインベストメント
  • インキュベイトファンド
  • SBI investment
  • 三菱UFJキャピタル株式会社
  • 三井住友海上キャピタル株式会社
  • Didital Currency Group
  • 合同会社RSPファンド5号
  • 電通デジタルホールディングス
  • East Ventures
  • GMO VenturePartner 株式会社
  • GMO Payment Gateway
  • 株式会社QUICK

大手の名だたる金融系企業が立ち並んでいますね。それだけ企業として期待されているということであり、信頼度が高いのです。また資本力があるということは、それだけシステムへの投資が可能で、実際にビットフライヤーが採用している「digicert」などのセキュリティは業界トップクラスの強固さだと言われています。

また単純に大切な金融資産を預けると考えた時に、これだけの資本力のある会社と、資本力が弱く自社資金に毛の生えた程度の会社なら、間違いなく前者の方が安心ですよね。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)が人気の4つのメリット

ビットフライヤーが人気な理由はつ4つのメリットがあるためです。

  1. アカウント開設がメールアドレスだけでOK
  2. 送金は安定の1秒送金
  3. 業界上位のセキュリティサービスを実装
  4. bitWireという独自の送金システム

とくに重要なのは、セキュリティサービスの高さでしょう。仮想通貨にまつわる事件が多発する中、自分の資産を守るためには必須なポイントです。

アカウント開設はメールアドレスのみでOK!

メールアドレスのみでアカウント開設が可能です。また、Facebook・YahooID・Googleアカウントなど基本的にみんなが使ってるアドレスサービスのIDでも登録できるのでお手軽です。あくまで仮想通貨はお金を扱うので振り分けたメールアドレスのフォルダの設置はキチンと行いましょう。

送金は安定の1秒送金!

様々なサービスと提携してるビットフライヤーはコイン送金を多く使います。その送金も10分かかりません。面倒なコインアドレスの入力も必要ありませんので快適なビットコイン生活を楽しむことができます。

業界最上位のセキュリティサービス実装!

「最高強度の DigiCert 次世代暗号」「入出金は人が確認」「コールドウォレットでコインの保管」などHPを見ると記載がありますが、内容に関してはセキュリティは通常の仮想通貨取引所と比べビットフライヤーは万全ということです。海外の小さい取引所だとセキュリティがまったく入ってなく、コインも自己管理等ザラです。その点、ビットフライヤーであれば預けておけば管理してくれるということです。

bitFlyer(ビットフライヤー)側のセキュリティ

bitFlyer(ビットフライヤー)側のセキュリティについて説明します。bitFlyer(ビットフライヤー)が導入しているセキュリティは次の通りです。

  • 全データを暗号化
  • 再高強度のDigiCert証明書を採用
  • システム内部の通信にSSLを採用
  • 入出金は全て人が確認
  • 顧客資産はコールドウォレットで保管

細かく説明するとキリがないのですが、ほかの取引所では実現できていないほど強固なセキュリティで、ハッカーがこれだけの門をくぐり抜けて通貨を奪うなんてことは、現時点では技術的にほぼムリでしょう。

ここまでやっているのは今のところbitFlyer(ビットフライヤー)だけ。

またbitFlyer(ビットフライヤー)では、ウイルスなどに対するセキュリティシステムにも力を入れています。先日話題になった(僕も被害を受けた)、コインチェック・NEMのGOX事件では、社員のPCにマルウェアを感染させたうえで社内ネットワークに侵入し、ホットウォレット(オンラインでの仮想通貨保管場所)から顧客資産を奪ったことが明らかになっていましたね。

そもそもホットウォレットで保管するなどのチョンボもあったのですが、その前の段階で社員PCがマルウェアに感染する、といった点にも問題があります。一般的なセキュリティ以外にも、以前からしっかりとしたセキュリティシステムを持っていることは大切なことです。体験しないとわからないのですが、仮想通貨が盗まれたらほんとに笑えません。NEM事件で税金が払えない、と慌てふためいている人もたくさんいるくらいです。

顧客側のセキュリティ

続いて顧客側の使用に関するセキュリティを説明します。搭載されているのは次の通り。

  • パスワード総当たり攻撃からの保護(アカウントロック)
  • 二段階認証
  • ログイン履歴の管理

いくらbitFlyer(ビットフライヤー)側のセキュリティが強固でも、顧客が利用するシステムが甘ければ被害に合う恐れは高いです。乗っ取られてしまい、ハッカー側のウォレットに送金されてしまえばもうどうにもなりません。警察に届け出たところで、おそらく通貨が手元に帰ってくることはないでしょう。それだけ顧客側のセキュリティも大切なことなんです。

ですがbitFlyer(ビットフライヤー)はこれだけのセキュリティが揃っているため、ハッキングされる恐れはほぼありません。実際にアラートメールとアカウントロックを経験したことがありますが、ものすごく怖いですよ(笑)

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitWireで送金が安定の1秒送金!

bitFlyer(ビットフライヤー)ならbitWire(ビットワイヤー)と呼ばれる独自の送金システムにより、その送金に10分かかりません。通常はビットコインの送金にはある程度の時間がかかります。場合によっては数十分なんてこともザラで、本当に送付できのか不安になることもしばしば。そんな心配がないのは安心できますね。

またbitWire(ビットワイヤー)の便利な点が、bitFlyer(ビットフライヤー)に登録済みのアカウントへの送金にビットコインアドレスの入力が不要なことです。ビットコインアドレスをメールアドレスに紐づけて送金する仕組みがあるんですね。ビットコインアドレスってランダムな文字・数字の羅列なので、入力も大変なうえに間違いやすいのも怖いところですよね。間違ったアドレスに送ってしまうと、送り先は不明なのでビットコインは二度と戻ってはきません。実際に誤送金した人の話なんてネットで見かけますが本当に悲惨です。bitFlyer(ビットフライヤー)なら、こんなミスの心配がなく気軽に送金できます。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)のスペック早見表

公式サイト https://bitflyer.jp/
アカウント開設まで 所要時間:1分 アカウント開設はこちら
日本語対応
クレジットカード対応 (VISA / MASTER)
取扱通貨 BTC / ETH / BTC先物 / (JPY)
取引手数料 無料 ※一部のコインで0.4%

bitFlyer(ビットフライヤー)は販売所と取引所の両方を利用可能

仮想通貨の売買には販売所と取引所の2つがあり、各会社の形態としてはどちらかひとつであることがほとんどですが、bitFlyer(ビットフライヤー)はその両方の売買ができます。まずは販売所と取引所の特徴やメリット・デメリットから確認してみましょう。

販売所 取引所 Lightning
売買できる仮想通貨 ・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサクラシック(ETC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・リスク(LISK)
・ビットコイン(BTC) 【現物】
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
【FX】
・ビットコイン(BTC)
特徴 ・ビットフライヤーが提示する金額で「購入」する ・市場で保有者と直接取り引きをする ・詳細なデータや指標を見ながら取引できる
・上級者向け
メリット ・提示されている金額のまま買えるため、初心者にはわかりやすい ・ビットコイン(BTC)の保有者と直接取り引きするため、市場の相場で買える
・指値と成行注文の両方ができる
・FXなら15倍のレバレッジ取引が可能
デメリット ・ビットフライヤーが仲介するため、買いでは高く・売りでは安くなる ・買いと売りの両方で、相場の状況に応じて表示されている金額と異なる場合(スプレッド)があり初心者にはわかりづらい ・スワップポイント(0.04%/日)が発生
・価格変動で瞬時に証拠金が吹き飛ぶ恐れがある

初心者にわかりやすいのは販売所ですが、ビットコインの取引をするのなら取引所がオススメ。販売所は表示金額そのままで売買できるのが楽ですが、その価格の中にはbitFlyer(ビットフライヤー)の利益分がかなり高く乗っているため、端的にいって相当損をします。

また短期間でがっつりと勝負したい、という方はLightningFXの利用もありでしょう。LightningFXでは、ビットコインに15倍ものレバレッジを利かせた取引ができるため、大きな変動を予測することができれば、短期間で爆益を出すことも十分可能です。ただビットコインはここ1年の値動きがとても激しいため、1日でものすごい金額を叩き出すこともできる反面、ほんの一瞬で証拠金を溶かしてしまうこともあるため、慎重に相場を見極めてください。このようにLightningFXはギャンブル要素がとても強いため、上級者向けと言えるかもしれませんね。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料についてまとめてみます。手数料の金額はほかの取引所と比べると高いと思われているのですが、取引方法によって異なるため一概にそうではないのです。

結論からいうと取引所でのビットコイン売買(0.01%〜0.15%)と、LightningFX(無料・スワップポイント0.04%/日※)であれば高くはありません。アルトコインの現物売買(0.20%)だとかなり高くなるので注意が必要ですね。
※スワップポイントとはFX取引にかかる手数料。証拠金を担保に、取引所のお金を借りてレバレッジ取引するため発生する。

次が売買手数料一覧です。

ビットコイン売買手数料 ビットコイン簡単取引所 0.01% ~ 0.15%(売買額で変動)
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料(終了の 2 週間前に告知)
Lightning FX/Futures
アルトコイン売買手数料 Lightning 現物(ETH/BTC) 0.20%
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサ(イーサリアム)販売所 無料(終了の 2 週間前に告知)
イーサ(イーサリアムクラシック)販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所
bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)の入出金について

bitFlyer(ビットフライヤー)で取引するためには、口座に日本円を入金する必要があります。まずウォレットクラスとして口座開設後、個人情報入力してトレードクラスに変更。その後取引のために入金しますが、次の2種類の方法があります。

クイック入金 銀行振込
特徴 24時間いつでも 銀行営業時のみ
手数料 324円/回 金融機関の振込手数料
対応金融機関(ネットバンク) ・じぶん銀行
・住友SBIネット銀行
・ジャパンネット銀行
対応金融機関(コンビニ) ・ローソン
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・ミニストップ
・デイリーヤマザキ
・スリーエフ
・セイコーマート
対応金融機関(Pay-easy) Pay-easy対応のネットバンク・ATM

どちらでもいいとは思いますが、すぐに利用できるクイック入金がおすすめです。振込手数料が安い銀行からであれば銀行振込もいいかもしれません。

また出金の場合は三井住友銀行と、それ以外で手数料が変わります。

三井住友銀行の出金手数料 それ以外の出金手数料
3万円未満 216円 540円
3万円以上 432円 756円

bitFlyer(ビットフライヤー)のメインバンクである、三井住友銀行が優遇されていますが、それ以外の銀行がとくに高いわけではありません。ほかの取引所でもほぼ同じ金額ですから、三井住友銀行の口座を持っていたらラッキーくらいの感覚でOKです。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)のまとめ

ご紹介の通りbitFlyer(ビットフライヤー)は、様々なメリットのある仮想通貨交換事業者
だといえるでしょう。セキュリティの高さから、システムの使いやすさ、手数料の安さ、入出金や送金の手軽さまで総合的に考えると、最初に仮想通貨の口座を持つのであれば、現状でbitFlyer(ビットフライヤー)以外の選択肢はないと思っていいのではないでしょうか。

またすでにコインチェックやZaif、GMOコインなどの口座をお持ちの方でも、bitFlyer(ビットフライヤー)の口座を持っておけば、いざという時の退避先にも安心かつメインの口座にも使えるので断然オススメです。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設手順

口座開設手順①「bitFlyer(ビットフライヤー)の公式サイトから無料アカウント開設」

サイト右上の「無料アカウント開設」から登録が可能です。

口座開設手順②「無料アカウント開設からメールアドレスにて登録」

この際、ご利用中のメールアドレスまたはGアカウント、FBアカウントにて登録も可能です。御自分がよく使うアドレスやアカウントを利用しましょう。

口座開設手順③「メールアドレスの確認の為のメールにて配布されるURLをクリックして開設完了」

登録をすると即座にアドレス確認メールが来ます。こちらに記載されているURLをクリックして、メールに記載されているキーワードを打ち込んで口座開設は完了です。

口座開設完了後、全てのサービスを利用するために本人確認を行います。

この後、個人情報の確認を行うと全てのサービスを利用することができます。勿論、無料登録だけでもチャートや取引の形態は確認できますので、仮想通貨に興味があるなら無料アカウント開設はすべきことと思います。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントグレードと本人確認

ビットフライヤーではアカウント開設後、ユーザー毎のクラスが設定されます。本人確認の度合いだけですので空いた時間である程度対応しておくと便利だと思います。

管理画面右下にクラスの一括管理画面があります。そこから携帯認証から始めましょう。

1つ登録すると次へ!というボタンが出現し、「ファーストクラス」まで指示してくれます。セキュリティも万全ですので変なメールが来たりもしません。本人確認の為、必要事項を記載。銀行口座番号を記載。


最期に本人確認書類を添付してクラスは最上位になります。

ここまで一通り記載が完了したら、日本円、もしくはビットコインを入金してみましょう。仮想通貨取引開始です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)のニュース

こちらに最新のbitFlyer(ビットフライヤー)ニュースを掲載予定です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設

仮想通貨口座開設おすすめBEST5

コメント内容

*
*
* (公開されません)