Coincheck(コインチェック) 仮想通貨ニュース

コインチェックの障害の原因報告が待たれる。

投稿日:2017年5月12日 更新日:


このまま有耶無耶にして終わりそうな雰囲気もある今回のコインチェック騒動。発端は、コインチェックにて「何かしらの障害が発生」それに対しての対応は「とりあえずロールバックした」ってこと。さらに個人的に気になるのは、今回の騒動にて「コインチェック大丈夫?」って思った人達の出金が重なったことによる「高速出金の停止・出金の遅延」(高速と言っても株式投資やFXだと通常運転レベル)だと思う。


障害が発生した日。「今後、原因を解明し報告します!」みたいなかっこいいコメントをしてたような気もしないがww結局、先日報告がなされたのは・・・「大変でした!すいません!今後ないように!」ってレベルのなんとも言えない報告だった。


そりゃ批判も集まるわな。。。ってのが感想。コインチェックは板も見れない取引所というか・・・取扱所・・・みたいなイメージがある。デザイン的には圧倒的に見やすいんですが、その辺加味しても今後二度とこういったことが起こらないようにするためにも・・・「根本的な障害の原因」の発表をしてもらいたいね。

月末から「GMO-Z.comコイン」やらSBIもそろそろかと思うが大手の参入が始まり・・・コインチェック使う人いなくなっちゃうよ(笑)今、コインチェックが売りにしてるのは、「日本一の仮想通貨取扱数」なんだけども、それも「ZAIF」のトークン(←まだ人気ないやつ)含めると・・・抜かれちゃってるんじゃないかな。出金遅延処置が自社の資金流出の為の防止策じゃないことを祈ります。どう考えても・・・出金限度額低すぎwww


■引用・参考URL
http://jp.techcrunch.com/2017/05/11/coincheck-failure-announcement/

2017年5月12日

※1日1記事「仮想通貨のニュース」に対し思った・確認したことを書いてます。
※ここに書いてある事は仮想通貨取引をしてる素人的な感想です。変なこと言っててもスルーでお願いします。

国内で新規登録可能な仮想通貨取引所

2018年8月1日現在、国内で新規に口座開設可能な仮想通貨取引所と国外の仮想通貨取引所を徹底比較。一覧や補足で見やすくしてみました。口座開設の際の参考にしてみて下さい。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの6つの通貨をトレードできる仮想通貨取引所。スマホアプリも提供しているので外出先からでも簡単トレード可能です。 信用取引 :- 先物取引 :◯(20倍)

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨FX・売買サービス、GMOコインです。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実でアプリでも取引できるのでいつでも安心・安全にお取引いただけます。 信用取引 :- 先物取引 :-

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコインやQASHなどの多くの仮想通貨の売買ができる仮想通貨交換業者です。セキュリティ対策もしっかりしているので安心して利用できる取引所です。 信用取引 :○(25倍) 先物取引 :-

-Coincheck(コインチェック), 仮想通貨ニュース
-,

Copyright© 仮想通貨なび , 2018 All Rights Reserved.