SBIバーチャル・カレンシーズ 仮想通貨ニュース

SBIバーチャル・カレンシーズのサイトオープン!仮想通貨にSBI参入

投稿日:2017年5月13日 更新日:


先日のGMOの「GMO-Z.comコイン」に続き・・・SBIの仮想通貨取引サイト、「SBIバーチャル・カレンシーズ」がオープン。「ビットコインはじめ仮想通貨取引をもっとスマートに!」がサイトの説明文にあるように、とりわけ現在の取引所は利用しずらいのが本音。先程拝見させて頂いたFXで有名なyäsü(@yasuFX)さんもブログにて仮想通貨のバブルについてふれてらっしゃる。

全て同じ考えかは別として、僕も今の仮想通貨に関しては・・・「バブルの初動」と考える。ヒートアップしすぎた面も確かにあるが、国内には海外のpoloniexほど充実している仮想通貨取引所がないからだ。国内の僕のイチオシはZAIFだが、ZAIF自体も正直取引はしにくい。仮想通貨なびを自分で作ったのもちゃんとしたまとまった日本語の取引所がなく、情報を取得することが面倒だったため1個にまとめてみただけだ。

SBIの「SBIバーチャル・カレンシーズ」、GNOのGMO-Z.comコインに続き恐らく大手の証券会社が大体参入してくる流れが起こり始めた。日本独自の通貨含め、日本国内(日本語対応)で基準をクリアした仮想通貨が全て扱え、取引も板やチャート。注文方法も多様な形になれば・・・これからさらなる仮想通貨バブルが起こるんじゃないか?と思う。初心者の方が大量に参入できる環境(怪しい?(笑)と思われそうな取引所以外の有名なちゃんとした取引所w)が年内にできればいいなと思った。

SBIバーチャル・カレンシーズのサイトはこちら


2017年5月13日

※1日1記事「仮想通貨のニュース」に対し思った・確認したことを書いてます。
※ここに書いてある事は仮想通貨取引をしてる素人的な感想です。変なこと言っててもスルーでお願いします。

国内で新規登録可能な仮想通貨取引所

2018年8月1日現在、国内で新規に口座開設可能な仮想通貨取引所と国外の仮想通貨取引所を徹底比較。一覧や補足で見やすくしてみました。口座開設の際の参考にしてみて下さい。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの6つの通貨をトレードできる仮想通貨取引所。スマホアプリも提供しているので外出先からでも簡単トレード可能です。 信用取引 :- 先物取引 :◯(20倍)

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨FX・売買サービス、GMOコインです。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実でアプリでも取引できるのでいつでも安心・安全にお取引いただけます。 信用取引 :- 先物取引 :-

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコインやQASHなどの多くの仮想通貨の売買ができる仮想通貨交換業者です。セキュリティ対策もしっかりしているので安心して利用できる取引所です。 信用取引 :○(25倍) 先物取引 :-

-SBIバーチャル・カレンシーズ, 仮想通貨ニュース
-, , , ,

Copyright© 仮想通貨なび , 2018 All Rights Reserved.