みんなのビットコイン 仮想通貨ニュース 仮想通貨取引所

楽天がみんなのビットコインを買収し楽天の金融エコシステムの構築へ

投稿日:

仮想通貨取引所のみんなのビットコインが楽天株式会社に買収されることが、2018年8月31日(金)に発表されました。

詳細はリリースにもありますが、楽天カード株式会社を通じてみんなのビットコインの親会社にあたるトレイダーズインベストメント株式会社が保有する株式を100%取得することで買収されました。

みんなのビットコインはみなし業者

みんなのビットコインは2017年3月末に仮想通貨交換所のサービスを開始。

ハイレバレッジが魅力!みんなのビットコインの特徴と口座開設の方法

仮想通貨の取引ができる、みんなのビットコインはご存知でしょうか?いくつかの特徴から、これから口座を持ってみたいと考えている人も多い取引所。そんなみんなのビットコインについて、メリットとデメリット、そし ...

みんなのビットコインは設立当時から「みなし仮想通貨取引事業者」の状態で運営を行っており、2018年4月25日に関東財務局より業務改善命令を受け、他の仮想通貨取引所と同様改善を行いながら運営されていました。

みんなのビットコインの取扱通貨は増える?

みんなのンビットコインはBTC,BCH,ETHの3種のレバレッジ取引ができる仮想通貨取引所ですが、今回の楽天の買収によってトレードペアの見直しも考えられますし、取り扱う仮想通貨に変化があるかもしれません。

目的は楽天エコシステム(経済圏)の構築

今回の楽天の仮想通貨界への参入。

仮想通貨業界の自主規制や投資家保護のルール作りが急がれている今、マネックスのコインチェック子会社化による今までの金融業界のノウハウと仮想通貨界の連携とノウハウ共有は非常にポジティブなニュースだと思います。

楽天としては70を超えるグループで提供されるサービスとクレジットカード関連サービスをはじめとする銀行、証券、保険、電子マネーといったFinTech(金融)サービスの利用者へのシナジー向上を目的にFIAT、ポイント、電子マネーに仮想通貨が加わることで楽天経済圏の拡大を進めていくものと思われます。

既存金融システムを持つ企業がさらに今後、仮想通貨業界に増えてくるのか?創成期を支えてきた仮想通貨取引所がどういう今後の対応を取るか注目です。

国内で新規登録可能な仮想通貨取引所

2018年8月1日現在、国内で新規に口座開設可能な仮想通貨取引所と国外の仮想通貨取引所を徹底比較。一覧や補足で見やすくしてみました。口座開設の際の参考にしてみて下さい。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの6つの通貨をトレードできる仮想通貨取引所。スマホアプリも提供しているので外出先からでも簡単トレード可能です。 信用取引 :- 先物取引 :◯(20倍)

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨FX・売買サービス、GMOコインです。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実でアプリでも取引できるのでいつでも安心・安全にお取引いただけます。 信用取引 :- 先物取引 :-

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコインやQASHなどの多くの仮想通貨の売買ができる仮想通貨交換業者です。セキュリティ対策もしっかりしているので安心して利用できる取引所です。 信用取引 :○(25倍) 先物取引 :-

-みんなのビットコイン, 仮想通貨ニュース, 仮想通貨取引所
-

Copyright© 仮想通貨なび , 2018 All Rights Reserved.