Ripple(リップル)/ XRP 初心者の為の仮想通貨セミナー

デジタル資産XRPについて|トシ君のRipple(XRP)講座

投稿日:2018年11月1日 更新日:

皆さんこんにちは。トシ君こと四條寿彦です。

前回の記事ではILPについてお話いたしました。これがあるだけでもかなり送金業務は効率化されていくのですが、今回はXRPがあるとどんな利便性が生まれるかご紹介いたします。

XRPの概要

仮想通貨を触った事がある人ならご存知ではあると思いますが、改めてXRPの概要をご説明いたします。

総発行量は1000億XRPで、追加発行ができない事がプログラム的に保証されているXRP Ledger内にのみ存在する固有のトークンです。

最小単位は1/100万XRPで1drop(s)と表記されます。処理速度は秒間1500トランザクションという実測値を叩き出していますが、将来的にもっと早くなっていくと言われています。

簡単な概要はこのくらいにして、このXRPがどのように活用されていくのかご紹介しましょう。

XRPの活用

ILPを適用することによって現在の国際送金の問題点を大きく改善させることができるのですが、ここにXRPが加わると更にその効果は絶大なものとなります。

XRPは、ブリッジ通貨としての役割を果たします。例えば日本からアメリカにお金を送る際、まず日本円(JPY)でXRPを購入し、XRPをアメリカの取引所に送金します。

そして今度はXRPでアメリカドル(USD)を購入し、そのお金を目的の口座へと送ります。これがブリッジ通貨です。

ブリッジ通貨の役割

こんなものがあってどんな役に立つのかよく分からない方もいらっしゃると思います。例でご説明したのはJPYとUSDという経済的にメジャーな国同士だからあまりピンと来ていないのかもしれません。

マイナーな国同士で送金する場合、現在の国際送金の仕組みでは送りづらいのです。

前回記事の「現在の国際送金の問題点」②でもお話した通り、マイナーな国同士だとお互いの国の銀行にノストロ口座を置いていない場合があります。

こうした場合、かなり遠回りをしていろんな国の銀行を通ってやっと目的の法定通貨に変える事ができます。

ところがブリッジ通貨であるXRPが浸透すれば、JPYからUSDに変える手順と同じ方法でできてしまう訳です。たった二回の両替だけで、どの法定通貨にも変える事ができるようになると、価値移転の摩擦は最小限になります。

価格変動(ボラティリティ)の影響は?

価格変動(ボラティリティ)が激しい仮想通貨はブリッジ通貨に向かないのではないか、という疑問も散見しますが、XRPは送金が仮想通貨の中ではかなり早く、4秒あれば相手に着金するため、ほとんど影響を受けません。

仮にネットワーク攻撃を受けたとしても、影響は軽微です。というのも、XRPは送金時にごく少数のXRPをネットワークフィーとして消費します。このネットワークフィーですが、トランザクションが混み合ってくるとその度合いによって高額になっていきます。

ネットワーク攻撃者は大量のトランザクションを流し込む事で混雑させ、ネットワーク(今回で言うならXRP Ledger)を機能させなくしてしまおうとするのですが、XRP Ledgerの仕様でネットワーク攻撃を行うとネットワーク攻撃者が一瞬で破産してしまう事になります。

ネットワーク攻撃を受けているタイミングで関係ない人が送金を行った場合、その人も少し割高なネットワークフィーが取られてしまいますが、もともとが非常に少ないXRP数なので「あれ?送金に5円くらいかかった…まぁええやろ」くらいで済むはずです。

ちなみに、トランザクションフィーとして消費したXRPは誰の手にも渡らず完全に消失します。これにより、公平性を保っています。

ブリッジ通貨として活用することになれば、ノストロ口座に置いてあるお金は不要になってきます。ノストロ口座に死蔵されているお金を回収することができるので、今まで使う事が出来なかったお金を解放することができます。

また、経由する銀行の数も圧倒的に少なくなり、わずかな時間で送金することが可能になると、カウンターパーティーリスクも最小限の範囲に収まります。

こういった事が実現していけば、仮想通貨なんて何にも知らないご老人でも恩恵を受ける事ができます。これは、他の仮想通貨とは一線を画した魅力だと思います。

いつものように銀行に送金をお願いすると、裏で革新的な送金が行われ、手数料は安くなっているし着金も早いという状況になります。

秘密鍵もトランザクションもマイニングも仮想通貨なのか暗号通貨なのかデジタル資産なのかなーんにも知らないおじいちゃんおばあちゃんでもその恩恵を受ける事ができ、本人たちがいつも通りにやっているだけでXRPの流動性も上がり、ボラティリティが安定してきます。本当にいい事しかない。

XRPの価格

まぁ、みなさん気になるのはやっぱり価格ですよね。Ripple社は、XRPの価格を上げていく事も当然必要なことだと考えています。

現在行われている国際送金の金額は非常に巨額で、少し前のデータではSWIFTのシステムを使った国際送金は一日5兆ドルにも上るといわれています。

例えば仮に世界中でXRPを使った送金がなされるようになった場合、現在の価格では到底賄いきる事はできません。となると、必然的にXRPの価格は上昇が期待できそうですよね。

いつ騰がるのか、いくらになるのかという事は全く分かりません。しかし現在でもRipple社は着々とあらゆる金融機関との提携を進めていて、ポジティブなニュースが絶えない状況です。

あらゆる部分を鑑みて、僕はもっともっと騰がると思って持っています。

もし興味が湧いたら、皆さんも是非当事者になってみてください。金融革命の当事者になれるかもしれません。

全4回にわたってRipple及びXRPについてお話をしてきました。

ここまで知って頂ければ、大体の魅力は分かって頂けたと思います。もし質問等があればツイッターの僕のアカウントへいつでも質問してくださいね。

また、興味を持ってくださった方は拙著をご一読頂ければより理解が深まると思います。是非よろしくお願いいたします。

ここまでお付き合い頂きましてありがとうございました。また寄稿させていただくことがありましたら、よろしくお願いいたします。

四條寿彦でした。

今までのトシ君の連載記事

国内で新規登録可能な仮想通貨取引所

2018年8月1日現在、国内で新規に口座開設可能な仮想通貨取引所と国外の仮想通貨取引所を徹底比較。一覧や補足で見やすくしてみました。口座開設の際の参考にしてみて下さい。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)はビットコイン、リップル、ライトコイン、イーサリアム、モナコイン、ビットコインキャッシュの6つの通貨をトレードできる仮想通貨取引所。スマホアプリも提供しているので外出先からでも簡単トレード可能です。 信用取引 :- 先物取引 :◯(20倍)

GMOコイン

GMOコインはGMOインターネットグループの仮想通貨FX・売買サービス、GMOコインです。取引手数料、口座開設が無料なので手軽にビットコインを取引することができます。セキュリティ・サポート体制も充実でアプリでも取引できるのでいつでも安心・安全にお取引いただけます。 信用取引 :- 先物取引 :-

QUOINEX

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はビットコインやQASHなどの多くの仮想通貨の売買ができる仮想通貨交換業者です。セキュリティ対策もしっかりしているので安心して利用できる取引所です。 信用取引 :○(25倍) 先物取引 :-

-Ripple(リップル)/ XRP, 初心者の為の仮想通貨セミナー
-,

Copyright© 仮想通貨なび , 2018 All Rights Reserved.